メールマガジン バックナンバー

    【著作権】譲渡できない著作人格権に注意しよう! 弁理士児島敦のメルマガ 【第16号】

     2011年9月7日 第16号(毎月第1・3水曜日配信予定)
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     小 さ な 会 社 は 知 的 財 産 で 儲 け る こ と を 覚 え な さ い !

    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆
     個人事業主・中小企業経営者向け!!

     「知的財産権が小さな会社にとっていかに重要なものなのか?」
     「知的財産権について‘絶対に’知っておかなければならない考え方・
     スタンスとは何か?」
     「あなたの会社が知的財産権を使って商品を
     ヒットさせるにはどうすればよいか?」
     等、小さな会社の経営者さんにぜひ知ってもらいたい役立つ知識を、
     できるだけやさしく、具体例を挙げながら、お届けします。

     弁理士 児島 敦
     http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     本来メルマガを発行する8月第3週水曜日は
     ちょうどお盆休みの時期に当たってしまいましたので、
     勝手ながらメルマガを休刊させていただきました。
     事前の連絡もせずに休刊してしまいすみませんでした。
     
     先日、人気サイト「ニコニコ動画」は、EMIミュージック・ジャパンと
     契約、同社が原盤権を保有・管理する音楽原盤(CD音源)の一部が、
     利用可能になったと発表しました。
     利用許諾済みの曲はユーザーが動画のBGM等に使用することができます。

     インターネット時代を迎えたいま、著作権は権利の保護だけでなく、
     消費者のニーズに応えた管理方法が求められているようですね。
     あなたの会社は、時代の変化を見極めた知財戦略ができていますか?
     今回は、著作権の注意ポイントについてお話ししましょう。
     
     【著作権】譲渡できない著作人格権に注意しよう!

     著作者の権利とは何でしょう?
     著作者のもつ権利はいくつあるか知っていますか?

     あなたが作家で、小説を書いたとしましょう。
     著者であるあなたがもつ権利は、2つあります。

     人格的な利益を保護する著作者人格権と、
     財産的な利益を保護する著作権(財産権)です。

     著作者人格権は、あなた(著作者)だけがもつ権利です。
     これは譲渡、相続することはできません。
     あなた(著作者)の死後も一定の範囲で守られることになっています。

     一方、財産権の意味合いをもつ著作権は、
     その一部または全部を譲渡、相続することができます。
     あなた(著作者)が著作権を誰かに譲渡・相続させた場合、
     著作権者はあなた(著作者)ではなく、譲渡・相続した人になります。

     では、あなたの会社が、ゲームソフトを開発したとしましょう。
     法人が著作権をもつ場合の要件は──
     1.法人等の発意(意思)に基づくこと
     2.法人等の業務に従事する者が職務上作成する著作物であること
     3.法人等が自己の名義で著作物を公表すること
     4.著作物の作成時の契約、勤務規則に別段の定めがないこと
     以上を満たす場合、
     法人著作として、あなたの会社がゲームソフトの著作権をもちます。

     そして、あなたの会社も個人の場合と同様に、
     著作者人格権と著作権を持つことになります。
     仮に、あなたの会社が発注側のクライアントと著作権を譲渡する契約を
     結んだとしても、譲渡できない著作者人格権は残ることになるわけです。

     ちなみに、著作者人格権には、以下の3つの権利があります。
     1.公表権:著作物を公表するかしないか、
       どのような方法で公表するかを決めることができる権利
     2.氏名表示権:著作物の公表時に著作者名を表示し、
       または表示しないことを決めることができる権利
     3.同一性保持権:著作物の内容等を勝手に改変されない権利

     特に、「同一性保持権」については要注意です。
     「著作権を譲渡してもらったのだから、内容を改変する権利がある」
     相手がそう勘違いしてしまい、トラブルに発展するケースは、
     決して少なくありません。

     あなたの会社は、自社の著作者人格権をちゃんと行使できていますか?
     あなたの会社は、他社の著作者人格権をうっかり侵害していませんか?

     著作権に対する認識不足のせいで不利益をこうむったり、
     トラブルを起こして裁判沙汰になったりしては、目も当てられません。

     著作権についての正しい知識を身につけて……
     あなたの会社の知財戦略を強化していきましょう!

     <次回は特許をクローズアップ!>
     「新商品のアイディアはこうして掴もう!」をテーマにお話しします!

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■メルマガ解除
    このメールマガジンは、弁理士児島 敦がお名刺を頂戴した方、メルマガをホーム
    ページから登録された方に、知的財産を活用していただくためにお送りしており
    ます。
    今後メールマガジンの受信解除をご希望の方は、解除させていただきますのでお
    手数ですが空メールを下記アドレス宛に送ってください。
    mmcancel-kojima-1@jcity.com

    ■ご意見・ご感想はこちらまで→office@kojimatokkyojimusho.net
    みなさんのご意見、ご感想もどんどんとりあげていきたいと思います!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発行元】
    児島特許事務所
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場 9F
    Tel. 03-3205-9873 Fax. 03-3200-9120
    【発行責任者】
    弁理士 児島 敦

    ■児島特許事務所 ホームページ
    http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ★ 初回に限り60分無料相談・カウンセリング 実施中!!
    お申し込みはこちら→http://www.kojimatokkyojimusho.net/cont6/index3.html/

    ■ 姉妹サイト
    特許出願.net
    http://www.tokkyoshutsugan.net/
    実用新案登録出願.net
    http://www.jitsuyoshinan.net/
    商標登録出願.net
    http://www.shohyotorokushutsugan.net/
    --------------------------------------------------------------------------
    (c)2010 Atsushi Kojima
    このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
    転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。


    バックナンバーHOMEに戻る

当事務所へのアクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場
2-1-2TOHMA高田馬場9F
児島 特許事務所


        
お名前(例)児島 敦
アドレス(例)atushi@kojima.co.jp

        

知財に関する情報を紹介