メールマガジン バックナンバー

    【特許】要注意!新商品の発表は計画的に 弁理士児島敦のメルマガ 【第29号】

     2012年4月6日 第29号(毎月第1・3水曜日配信予定)
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     小 さ な 会 社 は 知 的 財 産 で 儲 け る こ と を 覚 え な さ い !

    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆
     個人事業主・中小企業経営者向け!!

     「知的財産権が小さな会社にとっていかに重要なものなのか?」
     「知的財産権について‘絶対に’知っておかなければならない考え方・
     スタンスとは何か?」
     「あなたの会社が知的財産権を使って商品を
     ヒットさせるにはどうすればよいか?」
     等、小さな会社の経営者さんにぜひ知ってもらいたい役立つ知識を、
     できるだけやさしく、具体例を挙げながら、お届けします。

     弁理士 児島 敦
     http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     スーパーなどでパックで売っている切り餅。
     10年ほど前から切り込みが入っている商品が販売されるようになって、
     ふっくらと形良く焼けるようになったなあと感心していました。
     
     実は、この切り込みの位置については、業界2位の「越後製菓」が
     1位の「佐藤食品工業」を特許侵害で訴えており、
     先日、知財高裁が越後製菓の損害額を約8億円とする判決を下しました。
     
     消費者は切り込みの位置の違いをどれほど気にかけていたでしょうか?
     特許の及ぶ範囲の判断が難しいことを示すひとつの例と言えるでしょう。
      
     【特許】要注意!新商品の発表は計画的に

     新商品を開発して自社ブランドの目玉にしよう・・・!

     そんな目標を掲げたAさんの会社。
     みんなの努力が実を結び、新しい技術を使った新商品が開発できました。
     
     企画段階で市場に類似商品がないかを調査し、
     産業財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)について、
     他社の権利を侵害してないことも調査済み。

     「発売前に業界雑誌でも新たな発明品として大きく紹介してもらえたし、
      会社のPRにもなった。これで新商品が売れれば万々歳・・・」

     そう思っていたら、思わぬ落とし穴が!
     Aさんの会社は、その新商品の特許出願を後回しにしていたのです。

     特許権は日本国内または外国で公然に知られた発明には付与されません。
     新商品の技術は新規性があるとして、業界内でも高く評価されたのに、
     特許出願する前に世間に発表してしまえば、
     その発明は新規性を失い、公知のものとなってしまいます。

     「じゃあ、もうこの新商品の特許は取れないの!? どうしよう!?」

     大丈夫です。慌てなくても救済措置はあります。
     2012年4月1日から特許法が改正され、
     たとえ公表してしまっても6ヶ月以内に出願すれば、
     新規性は喪失していないと見なされ、特許出願できるようになりました。

     しかし・・・
     発表から出願までの間に、別の誰かがあなたの会社より先に、
     同じ内容で出願をしてしまったら・・・?

     日本の特許法は“先願主義”です。
     つまり、最初に特許出願した方に特許権が与えられる“早い者勝ち”。
     特許出願を後回しにしていると、
     Aさんの会社が行った公表が新規性を喪失していないと見なされたとしても、
     Aさんは 特許権を取得できなくなってしまします。
     そうなれば、あなたの会社は多大な損失を被ることになります。

     新商品の発表と特許出願のタイミングは計画的に!
     あなたの会社の技術とブランドを守るために・・・
     特許を最大限に活用していきましょう!

      <次回は商標をクローズアップ!>
     「ここが大事!商標の類似判断」をテーマにお話しします!
     
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発行元】
    児島特許事務所
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場 9F
    Tel. 03-3205-9873 Fax. 03-3200-9120
    【発行責任者】
    弁理士 児島 敦

    ■児島特許事務所 ホームページ
    http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ★ 初回に限り60分無料相談・カウンセリング 実施中!!
    お申し込みはこちら→http://www.kojimatokkyojimusho.net/cont6/index3.html/

    ■ 姉妹サイト
    特許出願.net
    http://www.tokkyoshutsugan.net/
    実用新案登録出願.net
    http://www.jitsuyoshinan.net/
    商標登録出願.net
    http://www.shohyotorokushutsugan.net/
    --------------------------------------------------------------------------
    (c)2010 Atsushi Kojima
    このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
    転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。


    バックナンバーHOMEに戻る

当事務所へのアクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場
2-1-2TOHMA高田馬場9F
児島 特許事務所


        
お名前(例)児島 敦
アドレス(例)atushi@kojima.co.jp

        

知財に関する情報を紹介