メールマガジン バックナンバー

    【特許】積極的な特許権のアピールで利益アップ! 弁理士児島敦のメルマガ 【第11号】

     2011年6月1日 第11号(毎月第1・3水曜日配信予定)
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     小 さ な 会 社 は 知 的 財 産 で 儲 け る こ と を 覚 え な さ い !

    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆
     個人事業主・中小企業経営者向け!!

     「知的財産権が小さな会社にとっていかに重要なものなのか?」
     「知的財産権について‘絶対に’知っておかなければならない考え方・
     スタンスとは何か?」
     「あなたの会社が知的財産権を使って商品を
     ヒットさせるにはどうすればよいか?」
     等、小さな会社の経営者さんにぜひ知ってもらいたい役立つ知識を、
     できるだけやさしく、具体例を挙げながら、お届けします。

     弁理士 児島 敦
     http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     Googleのページを見ると、サイトのトップにあるロゴが
     いつもと違うデザインになっていることがありますね?
     記念日や有名人の誕生日など、特別な日にそれにちなんだロゴを
     掲載するのが、Googleではお馴染みの手法となっています。

     実は、これは「ユーザーをWebページに引きつけるシステムと手法」
     として、すでに特許が取得されているものです。

     このようなちょっとしたアイディアも特許につながり、
     自社の独自性を守ることができるのですね。
     では、こうして取得した特許を活用するには、何が必要でしょうか?
     今回は、特許取得後の戦略についてお話ししましょう。
     
     【特許】積極的な特許権のアピールで利益アップ!

     「特許を取れるような新しい商品を開発したから売れるに決まっている」
     そう考えて、特許を取っただけで満足していませんか?

     でも、特許は決して売れ行きを保障するものではありません。
     商品に特許番号を書きさえすれば自動的に商品が売れていくのなら、
     お金儲けは簡単、世の中みんな、お金持ちになってしまいます。

     特許を取って商品を売るために重要なこと──
     それは、特許取得商品であることを「積極的にアピール」することです。

     まず、消費者に対してアピールしましょう。

     「他社商品と比べてこんなに差別化されていて、使いやすく、便利です。 
     その部分に特許を取りました」
     このように、商品パッケージやパンフレット、カタログ、HPなどで、
     特許を取得したオリジナル商品であることを宣伝します。
     それを見た消費者は、自ずとあなたの会社の商品を
     選んでくれるようになるでしょう。

     しかし、あなたの会社の商品がいったん売れ始めると、
     ライバル会社たちが露骨にまねをし始めます。
     似たような商品を出せばどんどん売れて儲かるからです。

     では、ライバル会社がものまね商品を市場に流通させてきたときに、
     一般の消費者はどのような反応を示すでしょうか? 
     
     ライバル会社は開発費にお金をかけていませんから、
     あなたの商品よりも安い価格で販売することができます。
     品質が同じであれば、消費者は安いものまね商品を購入するでしょう。
     「正規の特許権者から商品を購入しよう」
     「特許権侵害品だから購入するのをやめよう」
     そんなふうには考えてくれないのです。
     
     ですから、商品に特許があることをライバル会社にアピールして
     ものまね商品を作らせないよう牽制することも、忘れてはいけません。

     また、流通関係者に対して、その商品に特許権を取っていることを
     積極的にアピールしていくことも有効です。
     そうすることで、ライバル会社も侵害品を製造販売しにくくなります。

     さらに、消費者を味方につけるのも良い方法です。
     たとえば、自社のサイトに、
     「侵害品の情報提供にご協力ください。ご協力いただいた方には
     ○○を差し上げます」などと書いておき、
     そのようなシステムのあることを外に向かって発信するのです。

     このように、ライバル会社による特許権侵害を
     「未然に防止」することは大変重要なことです。
     侵害が起こってからでは、差止めや損害賠償に多くの費用と労力が
     かかり、その割には損害額も十分に取れないケースが多いからです。

     特許を取ったら、積極的に外に向かってアピールしていきましょう!
     それが、あなたの会社の利益につながるはずです。

     <次回は商標をクローズアップ!>
     「リスク回避のための先行商標調査」をテーマにお話しします!

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■メルマガ解除
    このメールマガジンは、弁理士児島 敦がお名刺を頂戴した方、メルマガをホーム
    ページから登録された方に、知的財産を活用していただくためにお送りしており
    ます。
    今後メールマガジンの受信解除をご希望の方は、解除させていただきますのでお
    手数ですが空メールを下記アドレス宛に送ってください。
    mmcancel-kojima-1@jcity.com

    ■ご意見・ご感想はこちらまで→office@kojimatokkyojimusho.net
    みなさんのご意見、ご感想もどんどんとりあげていきたいと思います!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発行元】
    児島特許事務所
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場 9F
    Tel. 03-3205-9873 Fax. 03-3200-9120
    【発行責任者】
    弁理士 児島 敦

    ■児島特許事務所 ホームページ
    http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ★ 初回に限り60分無料相談・カウンセリング 実施中!!
    お申し込みはこちら→http://www.kojimatokkyojimusho.net/cont6/index3.html/

    ■ 姉妹サイト
    特許出願.net
    http://www.tokkyoshutsugan.net/
    実用新案登録出願.net
    http://www.jitsuyoshinan.net/
    商標登録出願.net
    http://www.shohyotorokushutsugan.net/
    --------------------------------------------------------------------------
    (c)2010 Atsushi Kojima
    このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
    転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。


    バックナンバーHOMEに戻る

当事務所へのアクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場
2-1-2TOHMA高田馬場9F
児島 特許事務所


        
お名前(例)児島 敦
アドレス(例)atushi@kojima.co.jp

        

知財に関する情報を紹介