メールマガジン バックナンバー

    【著作権】インターネットでの著作権侵害とは 弁理士児島敦のメルマガ 【第19号】

     2011年10月20日 第19号(毎月第1・3水曜日配信予定)
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     小 さ な 会 社 は 知 的 財 産 で 儲 け る こ と を 覚 え な さ い !

    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆
     個人事業主・中小企業経営者向け!!

     「知的財産権が小さな会社にとっていかに重要なものなのか?」
     「知的財産権について‘絶対に’知っておかなければならない考え方・
     スタンスとは何か?」
     「あなたの会社が知的財産権を使って商品を
     ヒットさせるにはどうすればよいか?」
     等、小さな会社の経営者さんにぜひ知ってもらいたい役立つ知識を、
     できるだけやさしく、具体例を挙げながら、お届けします。

     弁理士 児島 敦
     http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ☆

     最近、日本でもよく眼にする韓国エンターテイメントの話題。
     その中に興味深いニュースがありました。
     
     韓国で日本の漫画が映画化され、その映画がミュージカル化されました。
     そのミュージカルが、今度は日本で公演されることになりましたが、
     漫画の著作権を持つ日本の出版社が著作権侵害を理由に、
     公演差し止め請求を裁判所に申請したのです。
     
     韓国側は、ミュージカルは原作漫画とは違うストーリーなので、
     原作漫画の著作権を侵害しないという見解を示しているとのこと。
     果たして、裁判所はどのような判断を下すでしょうか…?
     
     【著作権】インターネットでの著作権侵害とは

     ここ20年の間に、日常生活に欠かせないものとなったインターネット。
     mixi、FacebookといったSNSやTwitterの利用者も拡大して、
     個人がインターネットで情報発信するのが当たり前の時代となりました。

     ですが、それにともなって、大きくなってきたのが・・・
     インターネットにおける著作権侵害の問題です。

     ・CDの音楽をカセットテープに録音して、友達に配る
     ・レンタルビデオの映画をダビングして、友達にあげる
     ・雑誌や本のページをコピーして、友達に見せる

     昔、多くの人が意識せずにやっていたこうした行為。
     アナログ時代は著作権侵害に問われる心配はあまりありませんでした。
     なぜなら・・・
     これらは、「私的利用の範囲」として大目に見てもらえてきたからです。

     ところが、インターネット時代になって、状況は一変しました。
     
     ・音楽CDのデータをアップロードして、インターネット上に公開する
     ・映画の映像データをアップロードして、オンライン配信する
     ・雑誌のページを写真に撮って、インターネット上に掲載する

     こうした行為を著作権者の許可なく無断で行えば、
     すべて著作権侵害となります。「SPEEDY」の登録

     アナログ時代なら、見せる相手は友達数人程度。
     「私的利用の範囲」として、大目に見てもらえたかもしれません。
     
     ところが、今の時代、インターネット上で公開してしまえば、
     全世界の人々がアクセスして見ることができます。
     さらに・・・
     コピーされたデジタルデータは、無限に拡散していく可能性があります。
     
     アナログ時代の感覚で、うかつにインターネットに掲載したら・・・
     あなたが著作権侵害の罪に問われることになるのです。

     Twitterのアイコンに有名人の顔写真を勝手に使用していませんか?
     歌の歌詞を自分のブログに勝手に掲載していませんか?
     雑誌の記事や写真を自分のホームページに勝手に掲載していませんか?

     これらもすべて著作権侵害となります。

     インターネット上に何かを掲載・使用する場合は、
     いま一度、著作権について注意・確認を!

     あなたの会社を著作権意識の高い優良企業に成長させるために・・・
     まず、あなた自身が著作権について正しい知識を身につけましょう!

     <次回は特許をクローズアップ!>
    「こんなときに取得したい!実用新案権」をテーマにお話しします!

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■メルマガ解除
    このメールマガジンは、弁理士児島 敦がお名刺を頂戴した方、メルマガをホーム
    ページから登録された方に、知的財産を活用していただくためにお送りしており
    ます。
    今後メールマガジンの受信解除をご希望の方は、解除させていただきますのでお
    手数ですが空メールを下記アドレス宛に送ってください。
    mmcancel-kojima-1@jcity.com

    ■ご意見・ご感想はこちらまで→office@kojimatokkyojimusho.net
    みなさんのご意見、ご感想もどんどんとりあげていきたいと思います!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発行元】
    児島特許事務所
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場 9F
    Tel. 03-3205-9873 Fax. 03-3200-9120
    【発行責任者】
    弁理士 児島 敦

    ■児島特許事務所 ホームページ
    http://www.kojimatokkyojimusho.net/
    ★ 初回に限り60分無料相談・カウンセリング 実施中!!
    お申し込みはこちら→http://www.kojimatokkyojimusho.net/cont6/index3.html/

    ■ 姉妹サイト
    特許出願.net
    http://www.tokkyoshutsugan.net/
    実用新案登録出願.net
    http://www.jitsuyoshinan.net/
    商標登録出願.net
    http://www.shohyotorokushutsugan.net/
    --------------------------------------------------------------------------
    (c)2010 Atsushi Kojima
    このメールマガジンの転送はOKですが、掲載された記事の内容を許可なく
    転載することを固く禁じます。必ず事前にお問い合わせ下さい。


    バックナンバーHOMEに戻る

当事務所へのアクセス

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場
2-1-2TOHMA高田馬場9F
児島 特許事務所


        
お名前(例)児島 敦
アドレス(例)atushi@kojima.co.jp

        

知財に関する情報を紹介